思い出してみてください。 私は神に約束した 私を治してくれたら人生を捧げようと思っていました。

癒された後、私は心配になりました。

修道院に行く必要があったのか?

神学校に通って司祭になるべきでしょうか?

そうではなく、神様が私に求めていることは、それ以上のものであり、私の限界を試すものでした。

私は神に、私に何を求めているのかを尋ねました。神が私の瞑想の中で明らかにしたのは、私の人生を神に捧げるということは、毎日起きてこう言うことだということでした。

"今日、私はすべての思考、言葉、行動で神に仕えます。一瞬一瞬、考えること、言うこと、やることすべてが神に仕えることになります。"

そんな支払いをどうやって実現するのか。

次のページへ Who am I Lord?