大学2年の時、私は体調を崩し始め、母は癌ではないかと心配していました。

多くの医者に診てもらいましたが、どこが悪いのか誰も教えてくれませんでした。何千ドルもの診断テストの結果、過敏性腸症候群と診断され、家に帰ってもっと水を飲み、食物繊維を多く摂るように言われました。

それで、家に帰って大きな袋に入ったプルーンを買ってきて食べ始めたのですが...。

何の役にも立ちませんでした。

ある日、私は体調を崩し、耐え難い痛みに襲われました。動くだけで胃が締め付けられ、嘔吐してしまいます。(どんな状態かを想像してみてください)嘔吐と空吐きを何時間も繰り返し、脱水症状を起こして疲れ果ててしまい、2~3日寝込むこともありました。

死にそうになったことはありますか?私はとても取り乱していました。自分が死んでしまうのではないかと思いましたし、このようなエピソードがあまりにも頻繁に、頻繁に起こっていたので、絶望的でした。

私は子供の頃、死の床で神に祈り、神が自分を癒してくれたら自分の人生を神に捧げると約束した聖人の話を聞いたことがありました。そして、それが自分にも当てはまるのではないかと思ったのです。

私は、自分の意思と全身全霊をもって、何も隠すことなく神に祈りました。もしあなたが私に道を示してくださるなら、私はどんなことでもします。あなたが私に道を示してくれるなら、私はどんなことでもします。あなたが私にさせたいことは何でもします。もしあなたが私を癒してくれるなら、私の人生をあなたに捧げます」と言いました。

神様は私の祈りに答えてくださいました。しかし、それは私が期待していたものではなく、私が考えていた方法でもありませんでした...。

次のページへ 神は私の祈りに答えてくれる